SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

和歌山ビッグホエールの収容人数・ライブ時のキャパと座席表について

   

Pocket

スポンサーリンク

IMG_3696
 和歌山県で有名な会場といえば、和歌山県民文化会館、和歌山市民会館、そして和歌山ビッグホーエールの3ヶ所。

その中で、和歌山ビッグホーエールは、和歌山県最大規模の多目的ホールとしてスポーツイベントを始め、有名アーティストグループのライブやコンサート会場として知られています。

 そんな和歌山ビッグホエールは、名称の通りくじらの形をしているのが特徴で、これまで紀の国わかやま国体の開会式の会場としても使用され、最近では、ゆずをはじめ、Mr.チルドレンや関ジャニ、小田和正、NEWSなどのコンサート会場としても役割を果たしてきました。2017年の今年は、Hey say jumpなどの全国ツアーライブなどの計画もされており、盛り上がりを見せていく会場となるでしょう。

 アクセスを見ても、和歌山駅から徒歩15分、タクシーや自動車でも5分とすごく便利な場所にあるのも有名アーティストのライブ会場として選ばれる理由の一つになることは間違いないですね。

 それでは、和歌山ビッグホエールの収容人数やライブ時の座席表など詳しく見ていきましょう。

【和歌山ビッグホエールの収容人数ってどれくらい】

和歌山県内では、収容人数最大の規模となります。

比べてみても分かるように、和歌山県民文化会館の収容人数約1431人、和歌山市民会館の収容人数約1406人に対して、その約7倍もの収容人数である約8500人

この規模だからこそ、有名アーティストなどのライブやコンサートが行われていると言えるでしょう。

もちろん、全国にある有名な会場、マリンメッセ福岡約15000人、埼玉スーパーアリーナ約37000人、幕張メッセ約15000人、大阪城ホール約16000人と比較するとそれほどの収容人数とは言えないのですが、和歌山県民にとっては、かなり大きな会場の一つで親しみももたれているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

【和歌ビッグホエールのライブ時の座席表はどんな感じ】

そんな、和歌山県で有名なアーティストのライブやコンサート会場として使用される和歌山ビッグホエールでのライブ時の座席表を確認していきましょう!

アリーナ席では、前から横に70席の後ろまで50列。

その他は、スタンド席となり、2A~2J席となります。

アリーナ席に入れる人数はわずか3500人となりますが、ホール自体がそんなに大きくないため、スタンド席でも充分にライブを楽しむ事ができるので、ライブやコンサートにはもってこいの会場となりますね。

IMG_3697

 

【まとめ】

・和歌山県最大の収容人数を誇る8500人の多目的ホール

・和歌山駅から徒歩15分、自動車で15分のアクセスも安心

・中規模な会場なだけにライブ時やコンサート時はより近くで見れて楽しむ事ができる。

スポンサーリンク

 - イベント, コンサート