SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

サマーキャンプ2017子供に人気の体験プラン5選!値段やおすすめ場所は

   


IMG_3813

夏休みといえばサマーキャンプですよね。

親元を離れて集団生活をするサマーキャンプは、子供達にとっては刺激の強い忘れられない思い出になります。

今回はそんな子供達にとってもとてもいい経験になる人気の体験プランや、実際にかかる値段。

そして、おすすめの場所等についても紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

【サマーキャンプの醍醐味とは!?】

サマーキャンプの醍醐味は

『子供達が知らない人達と知らない場所で共に行動する』

という事です。

普段から親元から離れる機会の少ない子供達にとってこんなに刺激的な経験はありません。

そして家族で行く1泊2日や2泊3日のキャンプなどでは主導はお父さん、お母さんがやってくれるでしょうし、何より経験出来る内容にも限りがあります。

それが、サマーキャンプになると、知らない人達と知らない場所で行動を共にするのですから子供達はその間「非日常」を経験する事になります。

このようないい意味での非日常は、子供達の「心の揺れ幅」をとても大きくしてくれるのです。

心の揺れ幅を経験した子供は、視野が広がったり、他人を受け入れる事が出来る様になったり、自分独自の世界から一歩を踏み出したり、少しだけ大人になったり。とサマーキャンプを終えてから様々な表情を見せてくれます。

このような機会を与えてくれるサマーキャンプ。

子供達の成長や忘れられない思い出作りにはもってこいのイベントじゃありませんか。

紹介するにあたり今回のプランはトムソーヤクラブの情報を参考にしています。

トムソーヤクラブとは、1987年に「子供達の健全な成長を作る」事を目的に発足から30年を迎える(株)日本旅行が運営している団体です。

現在では3000名以上の会員を持つ日本を代表する子供自然体験プログラムの提供団体です。

口コミ、評判も非常に良く、30年も人気が衰えないおすすめの団体です。

子供の頃にトムソーヤクラブで自然体験プログラムに参加した楽しい記憶を持つ親御さん達が自分達の子供にも経験させてあげたいと親子でリピート参加させているケースもあります。

実際に自分が子供の時に体験した親御さんであれば、確かに体験させてあげたいですよね。

その時の経験は子供の頃の自分にとってすごく刺激的な日だったでしょう。

私も田舎に住んでて周りの友人は都会の方へと引っ越して行ってますが、やはり自分としては生まれた土地が好きだったり、田舎ならではの経験なんかもあったり、のんびり穏やかに過ごせたり結構子育てにもいんじゃないかと思ってますね。

都会の方へは暇があれば行けますし。笑

そんな田舎ならではの経験が都会などに住んでるお子さん達でも経験することが出来るサマーキャンプ。

では、実際にどんな体験プランがあるのか5種類程紹介してみましょう。

 

【人気の体験プラン5選!!】

1、『馬の牧場暮らしin北海道』

IMG_3814
大自然と共に生きる経験を出来るプランです。

食べる物から寝る所まで全て自然と共に生きる体験をする事が出来ます。

都会暮らしの子供達にとっては自然がこんなに近くにある事でさえ驚きです。

実際の体験プランの具体例は
・農園作業実体験
・大自然の中で動物たちへの餌やり体験
・地元の森の手入れ体験
・野菜の収穫体験
・大沼でどろんこ水遊び
・ダッチオーブンで地元の食材を使ったアウトドアクッキング
・自分達でのテントの設営作業
・キャンプファイヤー焚き火を囲んでのアウトドアイベント

期間は2泊3日 

値段は
・大人(中学生以上)64,800円
・子供(小学生)49,800円
・幼児(小学生未満~4歳)34,800円

 

私の家の近くにもいますよ。ロバが。笑

子供達がいつもキャッキャ言って餌やってます。

2、『川遊びキャンプ~白州の森と川に触れる』

IMG_3817
こちらも大自然に触れるプランですね。

白州の川や森に入って自然を活かしたイベントも盛りだくさんです。

やはり普段から自然に触れる機会の少ない子供達が多い現代社会では、
自然に触れる機会が子供達に与えてくれる経験や刺激はとても大きいのでしょう。

実際の体験プランの具体例は
・キャンプ場体験ツアー
・「尾白川」で川遊び&ニジマスつかみ
・水生昆虫の観察
・夜の森の探検ツアー
・星の観測
・森と川の探検ツアー
・キャンプファイヤー
・おみやげ工作

期間は3泊4日

値段は
・トムソーヤ会員41,000円
・一般44,000円

こないだ暑かったので近くの川に子供と遊びに行きましたね。

川に潜って川魚を手で捕まえようとしたり、競争といって私と泳いで競争したり(元々水泳を習ってたので、まぁ勝ちますよね。妻からは大人げないと言われましたが。笑)

おそらくそんな感じの事をしそうですね。

 

3、『村の火まつりキャンプ~南牧』

IMG_3818
火まつりキャンプの最大の魅力は、国の無形民俗文化財に指定されている

『大日向の火とぼし』でしょう。

南牧村の8月にある2日間しか見る事の出来ない貴重な経験です。

このキャンプでは大日向の火とぼしにタイミングを合わせてキャンプをします。

世界に誇る貴重な体験をサマーキャンプで一生の思い出にする事が出来ます。

実際の体験プランの具体例は
・キャンプ場探検
・天体&流れ星の観測
・火おこし体験~おこした火でバームクーヘンを作ろう
・南牧村の探検ツアー
・宝探しハイキング~炭の材料を見つけよう
・炭作りチャレンジ
・キャンプファイヤー(グループで出し物を一つ)
・おみやげのクラフト作り

期間は3泊4日

値段は
・トムソーヤ会員47,000円
・一般50,000円

今までの流れからしてこういうも体験してるんだろう?と思う方もいるかもしれませんが、これはありませんね。さすがに。笑

ただ探検ツアーや宝探しなんて内容、男の子なら是非参加したい項目ですね。

 

スポンサーリンク

4、『海の宝島キャンプ~日間賀島』

IMG_3816
三河湾に浮かぶ5.5キロに及ぶ島でのキャンプです。

ここではタコやフグや有名な島なので、実際にタコを摂る経験もタイミングが合えば出来るそうです。

全体を海に囲まれているので海遊びをするのにはもってこいの環境です。

都会育ちの子にとっては見た事も無い驚きが沢山待っているかもしれませんね。

実際の体験プランの具体例は
・タコの干物つくり体験
・シーサイドゲーム
・タコカレーをみんなでつくろう
・ナイトウォーク
・釣り体験
・シュノーケリング~海の中を覗いてみよう
・流しソーメン
・いかだ作り、いかだ遊び
・海水浴
・キャンプファイヤー
・磯遊び
・クラフトつくり

期間は2泊3日

値段は
・トムソーヤ会員45,000円
・一般48,000円

 

私の住んでるところが内陸なので海の体験プランはすごく興味ありますね。

大人になり車を手に入れた事で海釣りなんかには行ったりしますが、子供のうちは中々行けたりしませんし、中には全くの初めてという方も多いでしょうね。

なのでこういうサマーキャンプを通して色々と教えてもらえると子供の成長にも繋がりますし、家族で後ほど海釣りに行き、『やり方教えて〜』って子供に聞くことでいつも教わる側の子供が親御さんに教える立場となりそれだけでも自信や経験に繋がりますからね。

というか子供が知らない間に親は子供から色々と学ばせてもらってますからね。笑

 

5、『川と森で冒険キャンプ~荘川高原』

IMG_3815
川と湖を心ゆくまで楽しむ事が出来ます。

カヌーや、クラフト、崖ジャンプなど、自然界で遊ぶ野生児体験?のような経験が出来ます。

野生児というと田舎で普段から経験している子供達は凄いな。と思ってしまいますが、

やっぱり普段経験した事の無い子供にとっては刺激溢れる経験になるでしょう。

実際の体験プランの具体例は
・シャワーウォーキング
・ナイトプログラム
・ゴムボート、カヌー、SUP体験
・ミニアドベンチャーレース
・化石発見~ジオアドベンチャー
・森で見つけた材料でクラフトつくり

期間は2泊3日

値段は
・48,000円
・51,000円

こちらは川は川でもボートやカヌーなんかが体験出来るプランですね。

日頃中々ボートやカヌーなんて乗れないでしょうから子供にとってかなり刺激的なキャンプになりそうですね。

私もカヌーには乗ったことがない…

 

【サマーキャンプにかかる値段はどのぐらい?】

そのキャンプする場所に行く交通手段にもよりますが、基本的には参加料金だけで

平均5万円はかかると想定しておきましょう。

参加してみたい場所への交通費は別途追加しなければならないのでもう少し高くなります。

交通費込のプランなどもありますが、あなたの住む地域からの計算だと人それぞれ違うので行きたい場所をある程度決めた後に詳しく調べてみる事をおすすめします。

近場での参加があればそれだけ交通費は浮かす事が出来るかもしれませんね。

子供の成長や思い出作りと考えるとお金に糸目は付けたくはありませんが、現実問題もありますからね・・・笑。

ぜひご予算内で計画を立ててみましょう。

 

スポンサーリンク

【サマーキャンプ情報をまとめてみると】

サマーキャンプは子供にとっては忘れられない経験になります。

このような機会は親としては逃したくないとてもいいチャンスですね。

どこに参加を検討するかは色々悩むとは思いますが、是非いい経験になる様にお父さんもお母さんも子供の寝顔を見ながら考えてあげてください。

今回の記事はトムソーヤクラブの情報を参考にして作りましたので詳しく知りたい場合は『トムソーヤクラブ サマーキャンプ』とインターネットで検索してもらうと詳しく見れますよ。

 

 - イベント, 話題