SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

隅田川花火大会2017の交通規制の場所や時間と抜け道は?

   


IMG_3879

夏の風物詩のひとつといえば、今や全国各地で開催される花火大会!

毎年この時期に行われる全国的に有名な花火大会のひとつ、隅田川花火大会はTV中継もされるなど毎年楽しみにされている方が多いのではないでしょうか。

今年は第40回という記念の年なのでいつもより多くの人出になるのではないかと勝手に想像しています。笑

やはり、間近で見る花火は格別なので少し遠いけど会場近くで花火を見たい方が沢山いるので毎年、当日は会場付近ものすごい人出になりますね。

会場が隅田川付近なので、安全確保のための交通規制もひかれます。

今回は隅田川花火大会中の交通規制について紹介したいと思います。


スポンサーリンク

隅田川花火大会の日程や時間帯

まずは隅田川花火大会の日程ですが、

開催は2017年7月29日(土) のPM7:05~PM8:30まで

約1時間半ほどの開催になりますね。

第一会場(桜橋下流から言問橋上流)PM7:05~PM8:30

第二会場(駒形橋下流から厩橋上流)PM7:30~PM8:30

毎年約2万発の花火が上がり、第一会場では花火コンクールも催されます。

 

隅田川花火大会の交通規制は?

 

次に隅田川花火大会2017の交通規制について紹介して行きます。

当日の交通規制はPM6:00~PM9:30頃まで

一般道は隅田川 白髭橋あたりから両国橋あたりまでの約4.6kmの花火大会会場付近が全て車両通行止め

首都高6号線向島線(上下線)が上り線 堀切JCT~両国JCT、下り線 両国JCT~堤通出口 通行止め。

駒形・向島出入口 閉鎖。堤通出入口(上り) 閉鎖。

駒形PA 閉鎖になります。

画像はこちら

IMG_3863

結構範囲が広いので気をつけないといけませんね。

スポンサーリンク

交通規制中の抜け道は?

次に交通規制中どのように迂回して行けば良いのか、結構迷うって方もいらっしゃいますよね。

私も地元の花火大会の時にすっかり開催されることを忘れていて交通規制にあったり更には渋滞にあったりと散々な結果になった事がありました。

こんなことにならない為にも首都高速や一般道での迂回方法を紹介したいと思います。

首都高6号線の迂回路として使われるのは

三郷・川口方向から都心へ

◾堀切JCT→葛西JCT→有明JCT→芝浦JCT

◾堀切JCT→葛西JCT→辰巳JCT→箱崎JCT→江戸橋JCT

◾江北JCT→板橋JCT→竹橋JCT

 

都心から三郷・川口方向へ

◾芝浦JCT→有明JCT→辰巳JCT→葛西JCT→堀切JCT

◾竹橋JCT→板橋JCT→江北JCT

 

次に一般道に関してよくいわれている抜け道を紹介します。

◾新大橋通り及び永代通りを使う

◾新大橋通り→丸八通り→蔵前橋通りで抜ける

(水戸街道に関しては本所吾妻橋付近を外して通る)

などですね。

交通規制中の抜け道について紹介しましたが、確実にこの抜け道だと混雑しないという訳ではありません。

やはり交通規制中は抜け道を使われる方も多いでしょうしね。

とにかくどのように迂回するのかを決めて後はとにかく祈っちゃいましょう!笑

スポンサーリンク

まとめ

隅田川花火大会中の交通規制についてみてきました。

調べていた感じとしては規制の時間帯は3時間半ほどではありますが、一般道は間違いなく花火大会に訪れた人たちでごった返していますので車での移動をするような場合は規制のかかるかなり前の時間帯もしくは終了後かなり時間の経ってからがよいのではないかと思いました。

思っていたよりも車両通行止めの範囲が広いので当日、隅田川付近を車で通行する際は時間帯を気にしながら通行することをおすすめします。

一般道の抜け道は恐らくみなさん同じように抜け道として利用するかと思いますので抜け道といえどももしかすると多少の渋滞は免れないのではないでしょうか。

抜け道を上手につかい、規制の時間帯を極力避けて隅田川付近を通行する目安のひとつになったらいいなと思います。

 

 - イベント, 季節ネタ