SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

サッカー日本代表スーツ2017がカッコいい!ブランドや値段と購入方法を確認

   

Pocket

スポンサーリンク

IMG_3557

サッカー日本代表スーツ2017が発売開始となりました。高級ブランド「dunhill(ダンヒル)」が選手一人ひとりを採寸して、ピッタリとフィットするように作っているとあってカッコいいですね。

ダンヒルとはどんなメーカーなのか?ブランドや値段、購入方法について見ていきます。

ダンヒルのサッカー日本代表スーツ2017がかっこいい!

ダンヒルは1880年ロンドンで馬具専門製造卸売業として起業し現在ではスーツやカジュアル衣類を中心としバッグや財布などのレザー小物、カフリンクス、タイバー(ネクタイピン)などアクセサリーを扱っています。

通販サイトでも既製のダンヒルのスーツは購入する事ができますが、それでもちょっと高めで平均5万円前後。

2000年から日本代表のオフィシャルスーツを提供して今年で18年となります。

極上の素材と細部まで緻密な採寸と8週間もかけて仕立てたスーツはまるで体の一部のようにフィットするという、ダンヒルの「MADE TO MATCH」らしい特別な一着です。

2016年はハウンドトゥース柄でシングルの2つボタンとまるで英国の社交クラブのような雰囲気、そして2017年は英国の伝統であるプリンスオブウェールズチェック柄でクラシックな男性的なシルエットになっています。これも英国紳士っぽいです。

スポンサーリンク

値段や購入方法をみてみた

値段をみてびっくりします。

日本代表スーツはやはりそれなりの値段でした。

カスタムテーラースーツが200着限定で24万5千円です。

カスタムテーラースーツはスーパー100’Sウール使用のクラシックで男性的なシルエットが特徴です。

値段にびっくりしますがこの値段よりもさらに高いスーツがまだまだあるので、スーツの世界もおくぶかいな〜と思ってしまいます。

他にも随所にSAMURAI BLUEをイメージしたブルーが配色された「タイ」(ネクタイ)1万8000円、タイバー(ネクタイピン)2万2000円、チーフ1万5000円、そして日本代表と同じシャツが2万8000円、ベルトが3万円とどれもちょっと高め。

ダンヒルの美学が結実されジェントルマンシップとスポーツマンシップの融合を果たしているので、値段に納得してしまいます。

スーツは全国のダンヒルブティックにて購入が出来ます。

注文後はイタリアから空輸されるので、届くまでに多少日にちがかかります。

手元に届くまでが待ち遠しいですがこれもまた楽しいんですよね。

 

まとめ

サッカーファンでなくても、女性でなくても、日本代表がスーツをビシっと着こなしている姿は魅了されます。

普段ユニホーム姿なのでギャップがいいんだと思います。

英国の伝統を基にして作られたスーツはカッコいいし、おしゃれで、洗練されています。

体のラインが綺麗に見えるスーツはやはり重宝しますので、勝負スーツとして1着持っておかれるのもいいと思います。まずは清水の舞台から飛び降りる覚悟を…。

公式サイト

https://www.dunhill.com/jp

スポンサーリンク

 

 - サッカー