SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

2017年桜開花予想はいつから?過去のデータを元に予想してみた

   

Pocket

スポンサーリンク

IMG_3235

寒い季節が続いていますが、これを乗り越えると陽気な春の季節がやって来ますね!

入学式や卒業式、卒園、卒所式、入社式など新しい岐路に立つ季節でもあります。

そんな催しごとを想像すると一緒に思い出されるのがそう『桜』

今回はそんな新しい門出にぴったりな桜のシーズンはいつ頃になるのか桜の開花予想をしていきたいと思います。

【桜の開花と気温の関係は?】

 

桜の開花は前の年の秋からの気温が大きく影響し、桜の花の元になる花芽(かが)夏につくられて秋に休眠に入り、冬の低温を経てから3月ごろの気温の上昇に伴って開花するそう。

それでは2016年の秋の気温がどうだったでしょうか? 

9月と10月は高く、11月は平年並、3か月平均気温は平年並だったそうです。

これでの12~2月が寒くて3月に気温が上昇するような状態であれば例年の開花日通りに桜が開花するのではないでしょうか? 

それで2017年の冬の気温はどうなのかを調べてみました。「平年より低い」「平年並み」が多く、全体的には寒い期間が続きそうだということです。

それにより、桜の開花予想日は平年並みになると予想しました。 

スポンサーリンク

【2014年~2016年のデータを元に開花予想】

私の桜開花予想を発表するにあたり、2014年~2016年の開花予想日と実際の開花日を調べ、次に各年度の開花予想日と開花日に日数差を算出し、3年間の日数差の平均日数差を出してみました。

気象庁が2011年~2016年までのデータをもとに平均値月日を発表しています。

それに平均日数差のデータ引いて算出した表のアミが掛かっている列が私の桜がいつ開花するか「見当をつけた」月日です。

IMG_3224

最後に、桜開花「予報」ではなく、桜開花「予想(よそう)」で、反対から予想を読むと(うそよ)になります。まあ、結果は3月から4月に出るでしょう。予想が当たっていたか、それとも“うそよ”なってしまうのか……。

ちなみに下の図は天気予報サイト「お天気☆JAPAN」を運営している島津ビジネスシステムズ(SBS)が独自に発表した桜開花予想となります。

IMG_3233

こちらの予想も例年より1日〜4日ほど早いとの予想ですが、私が予想したものの方が若干早いですね。

果たしてどうなるのか…間違えてたらすみません。

予報と予想の意味に違いは?

今回桜の開花予想をしてきましたが、皆さんご存知のように天気には「予報」と「予想」がありますよね。

どんな違いがあるのか余談ではありますが天気予報の「予報」という言葉の意味を調べてみました。

「前もって知らせること。また、その知らせ」のこと。「予報によれば明日は雨だ」と使われます。「予報」は、前もって知らせる内容が正しいことを保証しているわけではありません。

「明日は雨」と予報しても晴れることもあります。

桜の開花日については開花「予報」ということはありません。

ほとんど開花「予想」です。

「予想」は「物事の成り行きや結果について前もって見当をつけること」。いつごろ桜は開花するか「見当をつけること」だそう

まぁ、どちらにしても確定ではないということですね。

まとめ

 

今回桜の開花日予想をしてきました。

果たして予想は当たるのか…

様々なところが独自に桜開花予想を定期的に発表していますのでそちらも確認しながら見てみてください。

寒い日が続いてますが、風邪等にはお気をつけて暖かい春の到来を待ちましょう!

でわ!

スポンサーリンク

 - 季節ネタ