SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

ポートメッセなごやの収容人数!ライブ時のキャパと座席表について

   

Pocket

近年も様々なアーティストがファンの方々に会う為に全国各地でライブを行っていますね。

 

全国には様々なライブ会場がありますが今回その中からポートメッセなごやについて

 

ポートメッセなごやの収容人数・キャパや座席表について紹介していきましょう!

スポンサーリンク

【ポートメッセなごやのスペックを確認】

 

最初にポートメッセなごやについて紹介していきます。

 

ポートメッセなごやは、正式名称が『名古屋市国際展示場 』

 

主に展示会やイベント、見本市などを行う施設になります。

 

施設はドーム状の第1展示館、長方形の建物の第2展示館・第3展示館、多数の会議室を備える交流センター・イベント館の5つの建物からなる施設。

 

第1展示館は、1973年より運用開始。

 

現在老朽化により建て直しが決定しており、場所を現在の場所からあおなみ線『金城ふ頭駅 』の隣に建設予定で現在の場所にはレゴランドが拡張予定になってます。

 

第2展示館は、1987年より運用開始。

 

そして多くのコンサートなどが行われている第3展示館は、1993年より運用が開始されました。

 

 

主な催事として

名古屋モーターショーやマンモスフリーマーケット、コミックライブ、a-nationなどの音楽祭、握手会などのファンイベントや各種就職説明会などが行われています。

 

 

そんなポートメッセなごやでは今までにこんなアーティストがライブを行っています。

 

コブクロ、BABYMETAL、サカナクション、ALEXANDROS、日向坂46、SKE48、欅坂46、乃木坂46、HKT48、チームしゃちほこ、GACKT、TUBE、サザンオールスターズ、Mr.Children、L’Arc-en-Ciel、GLAY、THE YELLOW MONKEY

などのアーティストがこのポートメッセなごやでコンサートライブを行ってきました。

 

今後どんなアーティストがポートメッセなごやでコンサートライブを行うのか楽しみです!

 

 

続いてアクセスについて紹介していきます。

 

【電車を利用の場合】

最寄り駅はあおなみ線『金城ふ頭駅』

駅からの徒歩時間は、あおなみ線『金城ふ頭駅』より徒歩で約8分となってますね。

 

▪︎JR名古屋駅からのアクセス

名古屋駅

あおなみ線(約24分、350円)

金城ふ頭駅

徒歩(約8分)

ポートメッセなごや

 

 

▪︎中部国際空港から

中部国際空港

高速路線バス(約40分、1,000円)

金城ふ頭駅

徒歩(約8分)

ポートメッセ なごや

 

 

【車を利用の場合】

ポートメッセなごやの周辺には『ポートメッセなごや駐車場』『金城ふ頭駐車場』があります。

 

車をご利用の際はこちらの駐車場をご利用下さい。

 

ちなみに『ポートメッセなごや駐車場』は隣にありますが、『金城ふ頭駐車場』はちょっとだけ歩くのでご注意下さいね。

 

それぞれの料金についても紹介します。

 

『ポートメッセなごや駐車場』

台数:1,000台

料金:1時間500円

平日1,000円上限

休日1,500円上限

(営業時間は、イベント時のみ営業で8時30分からイベント終了後1時間後まで)

 

『金城ふ頭駐車場』

台数:5,000台

料金等はポートメッセなごやと同じ

営業時間は、24時間営業

 

2箇所合わせて6,000台とかなり多くの車を駐車出来ます。

 

おそらく車で来ても駐車場には困らないでしょうが、帰りの際などにはかなりの混雑は予想されますのでコンサートやイベントが終わるちょっとだけ前に帰路についたりとちょっと工夫が必要かと。

 

スポンサーリンク

【ポートメッセなごやの収容人数・キャパは何人?】

 

続いてポートメッセなごやの収容人数・キャパについて紹介していきましょう!

 

コンサート等のメイン会場でもあるポートメッセなごや第3展示館の収容人数は、色々と調べてみましたが主な公式サイトなどでは公表されていませんでした。

 

そんな中、調べていくうちに多く言われていたのが約10,000人と言われています。

 

なので実際に[ALEXANDROS]が2019年5月に行ったツアーの座席表(下にあります。)で人数を数えてみたところ約10,000人ほどでした。

 

なので多くの方がおっしゃっているようにおそらく約10,000人ほどではないかなと思われます。

 

アリーナツアーなどで使われる他の会場と比べてみると、横浜アリーナ約17,000人、マリンメッセ福岡約15,000人、日本武道館14,471人、サンドーム福井約10,000人、鹿児島アリーナ5,700人と全国のアリーナ会場の中では中規模のライブ会場だと言えますね。

 

ポートメッセなごやの正式なキャパ・収容人数が分かったら改めて追記していきます。

 

【ライブ時の座席表はどんな感じ?】

 

最後にポートメッセなごやでのライブ時の座席表はどんな感じになっているのか見ていきたいと思います。

 

色々と探していくとポートメッセなごやで行われるアリーナツアーでの座席表はこんな形のステージ構成がありました。

ちょっとだけ違うもののステージがあり前方にアリーナ席というのがおそらく基本的な座席になるんでしょうね。

 

またこんな形の座席表もありました。

ちょっと特殊な形にはなってますが、多くのファンの方々に見てもらえる形にはなってますね。

 

ちょっと西ブロックのBエリアは遠いんですがその他の東西南北のブロック全てがステージに近いというファンにとってなんとも嬉しい座席表かと思います。

 

アーティストによって様々なステージ構成がありますので一概にこれって言うのはありませんが当日のお楽しみということで。笑

 

スポンサーリンク

【まとめ】

 

・ポートメッセなごやは、第1展示館が1973年、第2展示館が1987年、第3展示館は1993年よりそれぞれ運用開始。

 

・ポートメッセなごやの収容人数・キャパは約10,000人。

 

・座席表は上記を参照して下さい。

 

 - イベント, コンサート