SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

【ポケモンGO】小学生の子供向け防犯対策!位置情報の危険性と注意点まとめ

      2016/07/31

Pocket

image

やっと日本でもポケモンGOが配信され子供から大人まで幅広く利用されています。
 
それもあってか毎日必ずと言っていいほどポケモンGOに関する様々な情報が流れていて
 
歩きスマホの問題、運転中の携帯使用、不審者の出没など一歩間違えば大惨事になりかねない事例も増えてきています。
 
お子さんがポケモンGOをしているという親御さんはもちろんですが、中でも小学生のお子さんをお持ちの親御さん達は特に心配されているのではないでしょうか?
 
 
『不審者に出くわしたり、付いて来られたりしたら…』
 
 
など正直私も同じ年代の子供を持つ親として心配しています。
 
 
そんな方々に今回
 
◼︎位置情報で家がバレる?危険性の高いものとは?
 
◼︎子供が小学生の方へオススメの防犯対策
 
 
の2点を紹介していきましょう!
 

スポンサーリンク
 
 

位置情報で家がバレる?危険性の高いものとは?

 
非常に人気でもはや社会現象とも言えるポケモンGO。
 
 
子供だけでなくポケモンが初めて発売された時代の20代〜30代の大人にも大人気となってますね。
 
しかしそんなポケモンGOも色々なところで危険性が指摘されています。
 
そこでポケモンGOをすることでどんな危険性があるのか紹介していきましょう!
 
 
現在、ポケモンGOが日本で配信されて私も含め多くの方が昼夜問わずいたるところでポケモンを探している現象が続いています。
 
 
中には大人の方だけでなく小学生などの子供たちもツイッターやインスタなどを使ってポケモンを手に入れた場所を教え合ったり、ポケモンとの画像を撮ってアップしたりしている人もいるようですね。
 
 
しかしその行為が後々危険なことになる可能性も…
 
 
ポケモンGOを配信しているNianticというアメリカの会社がポケモンGOより前に配信していた
『Ingress』というアプリがあります。
 
 
このアプリ、ポケモンGOの元になっているということもありポケモンGOと同じようなシステム。
簡単に言うとポケモンGOのように位置情報を利用して陣取り合戦を行うアプリです。)
 
 
このアプリが配信されている時に問題となったのが
 
 

◼︎自宅や職場が特定される可能性。

 
特に小学生ぐらいのお子さんの場合、どうしても行動範囲が限られくるのと、学校等でプレイ時間が夕方以降になってくるということもあるので特定される可能性がかなり高いようです。
 
 
どんな感じで特定されるのかというと
 
・ツイッターなどの画像などから場所を特定される。
・いつも同じ時間帯にその場所にいる。
 
という2点が主にあげられます。
 
 
ツイッターの画像については、今回ポケモンGOでポケモンを捕まえている画像を撮りツイッターに貼り付けることで周りの風景から場所を特定するという方法。
 
これは他の地域の方ならともかく近くに住んでいる人なんかはちょっとした特徴がある画像であるならすぐに場所を特定できるでしょう!
 
私も画像を撮って友達にLINEで送った際にすぐに場所を当てられた経緯がありますからね。
 
地元の人ならすぐに場所の特定はできるでしょう。
 
 
また同じ時間帯にその場所にいるというのも結構特定されるようでポケモンGOにはジムという陣取り合戦のような他のユーザーのポケモンと対決するシステムがありますが、私もこれを見ているとあっこの人またジムを取ってる』と思ったことが少なからずありました。
 
 
これが私のようにただこの人よく出てくるなぁ〜で終わらなかったらどうなるか…
 
 
実際、先に配信されていた『Ingress』ではその人の家を特定するまでに至った事例もあるようですし、中には敵のチームの人に追いかけられた人もいるようです。
 
 
成人でも怖いのに小学生ぐらいの子供となると非常に危険なことですよね。
 
 
その他にもニックネームからSNS経由でその人物を特定したり、女性キャラやニックネームが女性っぽい人に変な人がつきまとったと怖い事例もありますのでより一層小学生のお子さんがポケモンGOをしているという親御さんは特に注意が必要です。
 
 
スポンサーリンク
 
 

子供が小学生の方へオススメの防犯対策

 
次に上記で挙げたポケモンGOの危険な事例の防犯対策について紹介していきましょう!
 
 
これでも100%防犯できるかと言われるとそうではないので最低限の防犯対策だと思って参考にして下さいね。
 
 

◼︎自宅が特定されるのを防止する方法。

 
自宅を特定される原因としては先に記載したように
 
・ツイッターやインスタなどでの画像の添付や出現場所の表記。
 
・同じ時間帯に同じ場所でやっている。
 
の2点が主にあります。
 
対処方法としては
 
 
・ツイッターやインスタに書き込ませない。
・画像や出現場所を教えたり、送るのも友達のみ。LINEなどを利用して送る)
 
・毎日同じ場所でポケモンGOをやらない。
毎日やればやるほど特定される可能性が高くなるので毎日別の場所を渡り歩くなどの対処が必要。
あまり遠くに行けない場合には誰か大人が1人付いて行ってあげる
 
 
家族内でルールを決めるのもありだと思います。
 
我が家では
 
 
・ポケモンGOをする場合は必ず両親どちらかの前
・捕まえに行くのは寝る準備まで終わった後で車で出発。
・行けない場合には週末に必ず連れて行ってあげる。
 
 
などのルールを決めてやらせています。
あくまで我が家でのルールなのでそれぞれのご家庭に合ったルールを設けてみてはいかがでしょうか。
 
その他にニックネームから人物を特定されない為にも、ニックネームは全く関係のないニックネームにする。(特に名前+誕生日などのニックネームは分かりやすいので特定される可能性が高いです。)
 
 
また女性キャラで女性っぽいニックネームではなく、極力男性キャラを利用し女性っぽくないニックネームを付ける。
女性が男性キャラを使うのに抵抗がある方もいらっしゃるとは思いますので、そんな方は最低でもニックネームは女性っぽくないニックネームに決定するように心掛けて下さい。)
 
 
あくまで特定される可能性を下げる方法で完全な防犯とまではいきませんが、やらないよりはやった方がいいので参考にして下さいね。
 
 
スポンサーリンク
 
 

まとめ

 
 
◼︎ツイッターやインスタなどの利用や位置情報などにより自宅特定の危険性がある。
 
◼︎上記の対処方法として「ツイッターやインスタに書き込ませない。」「画像や出現場所を教えたり、送るのも友達のみ」「毎日同じ場所でポケモンGOをやらない」
 
 
◼︎ニックネームから人物が特定されたり、女性キャラや女性っぽいニックネームだと危険が及ぶ可能性が高くなる。
 
◼︎上記の対処方法として「ニックネームは全く自分に関係のないニックネーム」「男性キャラを利用し女性っぽくないニックネームを付ける」

 

 
 
関連記事
 
 
 
 

 - ゲーム