SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

甲子園球場のアクセス方法!最寄り駅からの行き方や料金について

   

Pocket

プロ野球や高校野球など様々な試合やイベントが行われている『甲子園球場』

 

遠方から参加する方も多いことでしょう。

 

そこで今回は甲子園球場の最寄り駅からの行き方や主要駅、空港からのアクセス方法と料金についてまとめましたので紹介していきましょう!

スポンサーリンク

【甲子園球場の最寄駅と行き方は?】

 

甲子園球場の最寄り駅と、そこからの行き方(アクセス方法)を紹介させていただきます。

 

甲子園球場は、その正式名称(阪神甲子園球場)の通り、阪神電鉄の甲子園駅が最寄駅となり、甲子園駅からは徒歩約2分ほど。

 

ただし、野球などの催しもの開催日は混雑しますので、2分以上かかることになる事が想定されますし、余裕を持って行くのがおすすめですね。

 

特にプロ野球の試合開催日は、試合開始1時間前からが混雑のピークとなるので、駅周辺の混雑を避けたい方は、開場後に行くと、試合開始前の練習風景も見ることが出来、混雑回避と一石二鳥!

 

開場は試合開始の2~3時間前なので、確認の上、早めに行くことも検討してみて下さい。

 

スポンサーリンク

【甲子園球場へのアクセスについて】

 

次に甲子園球場へのアクセスを紹介してます。

 

『阪神梅田駅』

まず、阪神梅田駅からですが、特急電車ですと約13分、急行で約16分。

料金は大人270円、小児140円です。

なお、往復券を購入しておくと、試合後の駅の混雑の中で切符を購入しなくても済みますので、梅田駅で事前に購入しておくと良いでしょう。

梅田駅には、東改札口と、第2改札口、第3改札口にて、往復券専用の切符売り場がありますので、事前に購入しておくことをオススメします。

 

 

『阪神三宮駅』

次に阪神三宮駅からのアクセスを紹介したいと思います。

 

阪神三宮駅からは、特急で約18分、快速急行で約19分で、料金は大人270円、小児140円になります。

運賃は阪神梅田駅からと同じとなるようですね。

 

 

『阪神なんば線 難波駅』

次に、2009年3月20日に開通した阪神なんば線、難波駅からのアクセス。

 

難波駅から甲子園球場まで、阪神なんば線開通により現在は乗換え無しで行けるようになっており、快速急行で約20分。

料金は大人360円、小児180円となります。

 

 

▪︎大阪空港からのアクセス

最後に、大阪空港からのアクセスについても紹介します。

 

空港からはリムジンバスが出ており、所要時間およそ30分で甲子園球場まで着きます。

料金は大人720円、小児360円。

 

なお、回数券を購入すると若干お得で、11枚綴りで7,200円なので、空港から頻繁に甲子園球場に行く方は回数券を購入しておくと良いかと思います。

 

また遠方からご来場の方の中には飛行機を利用したり、新幹線を利用したり、またホテル等を利用される方も多いと思います。

そんな方にはお得に飛行機や新幹線、ホテルを利用出来るこちらがおすすめ

↓↓↓

 

通常購入するよりもお得に予約・購入出来るので利用してみてはいかがでしょう。

 

路線バスについては、甲子園球場のホームページに、路線バスの時刻表のページへのURLが記載あるので、そちらも確認してみて下さいね。

阪神バス公式ページ

 

スポンサーリンク

【まとめ】

 

甲子園球場の最寄り駅からの行き方と大阪空港からのアクセス方法と料金について紹介していきました。

 

甲子園球場までは、梅田、三宮、難破などの主要各駅からは阪神電車にていずれも30分圏内とアクセス良好なので、阪神電鉄の利用が便利ではないでしょうか。

 

まぁ、個人的なおすすめなんで参考程度にしてもらえたらなと思います。

 

今後も様々な野球の試合やイベントなど開催されるでしょう。

 

初めて参加される方はもちろんのこと、2回目の方なんかも今一度確認用として参考にしてもらえたらと思います。

 

ではイベントを楽しんでくださいね!

 

【関連記事】

 

甲子園球場の収容人数!キャパや座席表とアクセスついて

 

甲子園球場近くのホテルを安さ重視でまとめたよ!場所や値段もチェック

 

 - アクセス方法, イベント, 野球