SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

恐竜博2019混雑や前売り券チケット料金は?グッズや期間も紹介するぞ

   

Pocket

国立科学博物館で開催されている『恐竜博2019』

 

開催されてからというもの毎日多くの方が来場して賑わっているようです。

 

まだ行かれてない方も多いとは思いますが今回はそんな方に

 

恐竜博2019で展示されている内容や開催期間、チケット情報、混雑情報について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

恐竜博2019が国立科学博物館で開催中!期間や時間について

 

最初に国立科学博物館で開催中の恐竜博2019の内容や期間、時間帯について紹介していきます。

 

まずは内容についてですが、今回の恐竜博2019は主に4つのゾーンに分かれています。

 

ゾーン1. 「恐竜ルネッサンス」

アメリカで発見された新種の肉食恐竜に、1969年「恐ろしいツメ」を意味するデイノニクスという名前がついたことに端を発する「恐竜ルネッサンス」ともいうべき恐竜観を、時系列に沿って紹介していくコーナー。

 

ゾーン2. “謎の恐竜”デイノケイルス

モンゴル・ゴビ砂漠で1965年に見つかった前あしの化石。

「恐ろしい手」を意味するデイノケイルスと命名されましたが他の部分が見つからなかったために「謎の恐竜」となってました。

近年見つかった頭骨など貴重な実物化石と、全身復元骨格を本展で世界初公開されるコーナー。

 

ゾーン3. 日本の恐竜世界

骨格の8割以上がそろった全身化石の発見は、大型恐竜としては国内初。

その全身実物化石と全身復元骨格を地元・むかわ町以外で初公開されます。

「むかわ竜」と同じ時代に生きた、モササウルス類など海の爬虫類も紹介するコーナー。

 

ゾーン4. 「恐竜絶滅」に迫る

約6600万年前、地球に隕石が衝突し恐竜のほとんどが滅びましたが、その一部は鳥類として現在も進化を続けています。

中生代がどのように終わり、新生代がどのように始まったのか、最新研究を紹介するコーナー。

 

など近年50年の恐竜学の最前線を体験出来るコーナーが多数展示されています。

 

ここ数年でも様々な変化があった恐竜学。

 

お子さんだけでなく大人の方々も『へぇ〜』と思える展示会となっている事でしょう!

 

私自身、福岡にいるので子供を連れて時々博物館へ出かけますが、恐竜博が行われた時に拝見すると今まで知っていた恐竜の知識以上の進歩があった事に驚き子供以上にワクワクしてたのを今でも覚えています。笑

 

皆さんもそういう体験をされてみてはいかがでしょう!

 

続いて恐竜博2019の期間や時間について紹介します。

 

期間は、2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)

時間帯は9:00~17:00(金・土曜日は20:00まで)

※8月11日(日)~8月15日(木)、18日(日)は18:00まで

(入場は各閉館時刻の30分前までとなってますのでご注意下さい。)

 

休館日は7月16日(火)、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)

となってます。

 

子供の夏休み期間中は休み無く全て開催中になってますので夏休みの1日だけでもお子さんとご一緒に出掛けてみてはいかがでしょう!

 

スポンサーリンク

恐竜博2019の前売り券や当日券のチケット料金は?

 

続いて恐竜博2019の前売り券や当日券のチケット料金について紹介していきます。

 

▪︎一般・大学生

1,600円

 

▪︎小・中・高校生

600円

 

▪︎金曜・土曜限定ペア得ナイト券

2名1組 2,000円

(当日17時以降に販売、2名同時入場限定)

 

未就学児と障害手帳を持っている方、またその方の介護者1名は無料となってます。

 

残念ながら前売り券の販売は2019年7月12日をもって終了していますので現在は当日券のみのチケット販売となってますのでご注意を。

 

また恐竜博2019は相互割引を実施しており、指定された半券をお持ちいただくと割引になりお得になってます。

 

対象の展示会

▪︎特別展「三国志」(7月9日~9月16日 於:東京国立博物館)

▪︎松方コレクション展(6月11日~9月23日 於:国立西洋美術館)

▪︎円山応挙から近代京都画壇へ(8月3日~9月29日 於:東京藝術大学大学美術館)

 

これらの展示会に参加された方は半券をお持ちし国立科学博物館の特別展券売所でご提示、当日券をお買い求めいただくと、当日入場料が割引となります。

(1枚につき1名様有効。他の割引との併用不可)

 

割引後の料金

一般・大学生:当日1,600円 →1,500円

小・中・高校生:当日600円 →550円

 

100〜50円の割引なので無理にする必要はありませんが他の展示会にも行かれる予定のある方はご利用してみてはいかがでしょう!

 

恐竜博2019でオリジナルコラボグッズを手に入れよう!

 

次に恐竜博2019のオリジナルコラボグッズについて紹介します。

 

▪︎恐竜博2019 公式図録

料金:2,200円(税込)

 

▪︎ 恐竜博2019×うまい棒「うまいボーン(20本入り)」

料金:900円

 

▪︎ 恐竜博2019×大人気「すみっコぐらし」

あつめてぬいぐるみ(各1,500円)

ぶらさげぬいぐるみ(各880円)

アクリルキーホルダー(600円)

 

▪︎ 恐竜博2019×「海洋堂」

料金:各500円

 

▪︎ 【先行販売】ZOIDS(ゾイド)

・「ゾイドワイルド ギルラプターレアボーン(デイノニクス種)」3,500 円 

・「HMM EZ-026 ジェノザウラー ボーンカラーVer.」8,200 円

・「HMM RZ-030 ガンスナイパー ボーンカラーVer.」4,200 円

※【個数制限】お一人様各3個まで

 

その他にも

恐竜博2019×「BEAMS DESIGN」

恐竜博2019×どーもくん「恐竜どーもくん」

荒川弘先生(漫画家)、真鍋真先生(本展監修)のイラストグッズ(8月1日(木)より販売予定)

などもご用意されています。

 

上記グッズをご要望の方は特別展特設ショップで販売されてますのでご購入下さい。

 

ここでしか手に入れれないオリジナルコラボグッズばかり、ご来場の際には記念にご購入されてみてはいかがでしょう!

 

恐竜博2019の混雑状況について

 

最後に恐竜博2019の混雑状況について紹介していきます。

 

開催中の恐竜博2019ですが、かなり混み合っていているようですね。

 

実際Twitterの恐竜博2019混雑情報では、約1時間〜20分ぐらいで混雑情報が更新さています。

上記では7月15日の15時45分の段階でやっと待ち時間がない状態。(最終入場は16時30分)

 

その前の15時35分では10分、オープンしてすぐの9時6分の時点では待ち時間90分となってました。

 

いや〜、多いですね。泣

 

オープン時間に行っても入れるのは約10時半。

 

1番長い待ち時間で14日(日)9時50分の100分になります。

1時間40分待ちとは…

 

まぁ、開催されたばかりというのもあるでしょうが土日や祝日は同じような状況になる可能性もありますね。

 

また夏休みも絡んでくるのでもっと多くなるかも…

 

あまり遅すぎるとじっくり見れないと思うのでおススメとしては15時ぐらいでしょうか。

 

それでも30分ぐらいの待ち時間が予想されますので他の用事なんかを済ませてからご来場というのが一番いいかもしれませんね。

 

ただグッズが売り切れちゃうかも…そう考えると早い方がいいのかなぁ〜っても思っちゃいます。

 

@dinoexpo19_info 

上記が恐竜博2019混雑情報のTwitterアカウントになります。

 

入場待ち時間以外にも@dinoexpo2019

こちらの展示会公式アカウントではグッズの待ち時間がツイートされてますのでご一緒に拝見されて1番スムーズに行けるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

恐竜博2019の内容や期間、チケット情報に混雑情報について紹介してきました。

 

恐竜って何歳になってもワクワクするものですよね。笑

 

私自身も地元の博物館で恐竜イベントがあると参加して多分子供以上にワクワクしてみて回らしてもらっています。

 

私の長男にこの恐竜博の話をしたら行きたい!って言ってましたよ。

 

まぁ遠すぎるんで行くとしても地元である時でしょうが…笑

 

近代恐竜学の研究成果が多く展示されている今回の恐竜博2019

 

驚きや興奮をきっと与えてくれることでしょう!

 

是非ご家族で夏休みの思い出にでも出掛けてみてはいかがでしょうか。

 

でわ!

 

 - イベント, 前売り券, 話題