SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

ゲリラ豪雨は何分続く?収まる時間やおすすめアプリをチェック

   


梅雨の時期となり、雨の日が続くようになりとっても憂鬱ですよね。

憂鬱ですめばいいのですが、時折やってくる集中豪雨の中でも、私たちの生活をも脅かすのが「ゲリラ豪雨」です。ここ10年ほどの間にかなり浸透した言葉でもあると思います。ここではゲリラ豪雨の定義や収まるまでの時間がわかるおすすめアプリについて見ていきます。

スポンサーリンク

ゲリラ豪雨とは?実は正式名称じゃない

そもそもそのゲリラ豪雨について詳しく知っていますか?

何分くらい続く雨のことなのか、私も詳しい定義なんてまったく知らずに使っている言葉でした。

よくよく調べてみれば、ゲリラ豪雨とは正式名称ではないとのこと。では、どんなものを指しているのかというと

 

ゲリラ豪雨(ゲリラごうう)とは、正式な気象用語ではないが、おおかた「集中豪雨」と同義で、大気の不安定により突発的で天気予報による正確な予測が困難な局地的大雨を指す

出典:wikipedia

 

正式な気象用語ではないというだけですが、大体は「集中豪雨」と同じもので、マスメディアが代用した用語のようです。1969年8月の読売新聞が初出で2008年には流行語となりましたが

参照:http://archive.is/PBmvP

言葉の印象がよくないので最近の読売新聞では用いられておらず、「局地豪雨」という言い方をしています。

 

集中豪雨、ゲリラ豪雨、夕立などは、気象学的に明確な定義づけはなされておらず、ほぼ日本国内でのみ用いられる。日本の気象庁は予報用語としてゲリラ豪雨は用いず、集中豪雨と「局地的大雨」を雨量などに応じて使い分けている

出典:wikipedia

 

ということで、ゲリラ豪雨とは気象庁で言う所の局地的大雨と集中豪雨を大きく捉えた言葉ということになります。

ゲリラ豪雨はたくさんの方が水害に遭い、なくなったり、自宅を失ったり、公共交通機関やライフラインがストップしてしまうという災害をももたらす一方で、隣町ではそんなに降ってないよといった場合もあります。局地的であり予測がなかなか難しいのが現状です。

また都市部と非都市部ではその水害の程度も状態もまったく違うものになりますので、それぞれでの対策も必要となってきています。

 

局地的大雨と集中豪雨との違いは?

局地的大雨は「雨の強さに関するもの」で急に強く降り、数十分という短時間の間に狭い範囲に数十mm程度の雨の量が降るもののことです。

比較のために集中豪雨はこちらも「雨の強さに関するもの」で狭い範囲に数時間にわたって強く降り、100mm〜数百mmほどの雨の量が降るものです。

違いとしてはやはり長い時間大量に同じ場所に降るという集中豪雨のほうが災害につながりやすく、危険であるともいえます。

また、平成21年度に気象庁から出された「局地的大雨から身を守るために」というファイルもあわせて載せておきました。中には簡単に言うと「一時的に雨が強まる」のと「激しい雨が数時間にわたって続くもの」という風にかかれています。

参照:

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/info/ooametebiki_main.pdf

 

スポンサーリンク

おすすめアプリを見てみた

収まるまでの時間がわかる画期的なアプリも現在は出ています。そんな便利なものを使わないなんてもったいない!

スマホのアプリで身近にすぐにこの雨が察知できるものがあるのでご紹介いたします。ご自分に合うものをひとつ入れておくといざというときに便利です。

 

雨降りアラート:お天気ナビゲータ

日本気象株式会社

 

アメデス〜XRAIN(XバンドMPレーダ)

国土交通省

 

アメミル

Shimadzu Business 

 

雨かしら?[地図で見る天気予報アプリ] 

keiji matsumoto

 

写真で見るものや雲の動きがわかるものリアルタイムで更新されるものなどがあります。

 

まとめ

・ゲリラ豪雨は「集中豪雨」「局地的大雨」の代用用語

・集中豪雨(ゲリラ豪雨)は数時間にわたり100mm以上の強い雨が降るもの

・集中豪雨から身を守るためアプリも上手に活用

あってからでは遅いので利用できるものは利用して危険から自らを守りましょう。

アプリの精度の問題もありますので、アプリだけでなく、空の様子や警報など確認できるものはしっかり自分で確認し災害にあわないよう心がけたいですね。

スポンサーリンク

 - 未分類