SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

七五三の由来や意味とは?2016年10月11月の大安・先勝はいつ

   


image

11月15日といえば「七五三」ですが、「七五三」の由来って知っていますか?
 
なぜ11月15日になったのか?、なぜ千歳飴を持つのか?、なぜ7歳5歳3歳で祝うのか?
 
そんな「七五三」のあれこれを探っていこうと思います。
 

 
スポンサーリンク
 
 

【七五三の由来や意味とは?】

 
image
 
七五三は子供の健やかな成長と幸せを願う日
 
なぜ3歳、5歳、7歳にお祝いするのかというと理由は江戸時代まで遡ります。
 
 
乳幼児が3歳まで健康に育つのが難しかった当時、3歳まで無事に成長した子供のお祝いとして、関東から全国に普及しました。
 
 
3歳で言葉を理解し、5歳で知恵がつき、7歳で乳歯が永久歯に生えかわるなど成長の節目の年となる3歳、5歳、7歳のときに神様に成長を祈る「七五三」ですが、元々は武家や有力商人の風習で庶民に広まったのは明治時代だそうです。
 
 
Q.なぜ11月15日に祝うの?
 
A.諸説ありますが、
①陰陽道(中国の思想をもとに仏教や神道の要素を取り入れた信仰のこと)では11月15日が暦の上で最上の吉日だった
 
②「七五三」を足すと「十五」になるから
 
五代将軍徳川綱吉が息子の祝儀を11月15日にやったことにあやかった
などと言われているようです。
 
 
Q.なぜ千歳飴を持つの?
 
A.千歳飴は「長く伸びる」という長寿の意味が込められています。千歳飴の袋には、亀や鶴など縁起の良い絵柄が描かれています。
 
 
 

【七五三の年齢と男の子と女の子の違いとは?】

 
 
 
男の子は3歳5歳、女の子は3歳7歳にお祝いします。
 
3歳は男女ともに髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」、
5歳は男児が初めて袴を身に着ける「袴着(はかまぎ)」、
7歳は女児が着物の紐を帯に替える「帯解(おびとき)」とされています。
 
 
「七五三」の際に男の子だと羽織袴、女の子だと着物を着ますが、実は女の子が3歳と7歳に着る着物は違うものだと知っているでしょうか?
 
 
3歳で着る着物は帯はせず、紐で結んでその上に被布(ひふ)というベストのような上着を羽織ります。
 
7歳で着る着物は大人が着るものとほぼ同じものになります。3歳で使っていた紐が丸帯になることで大人の女性の一員になったことを意味するのです。
 
 
私には2人の子供がいますが、どちらも男の子。
 
下の子はまだですが、上の子は袴着を用意し、さあ行こうとなったら着ないと駄々をこねる始末…
 
結局着ないで七五三を行いました。
 
 
なので事前にどうなのかを確認しておけばよかったなと今になって思うのでこれから七五三という方は1度着るかどうか試しに着てみることをオススメします。
 
まぁ下の子も男の子なので袴が無駄にはならなかったので良かったんですけど…笑
 
スポンサーリンク
 
 

【七五三の地域での違いは?】

 
 
「七五三」は行う地域によって多少違いがあるようです。
 
◼︎昔のように数え年(満年齢+1歳)で行う地域もあれば、満年齢で行う地域もあります。
 
◼︎数え年4歳(満3歳の年)の男女は本厄なので、厄払いの意を込めて「七五三」を行う地域もあります。
 
◼︎関西ではシンプルに神社へお参りのみをする地域もあります。これは関西に「七五三」が伝わったのが遅かったため、関東よりも「七五三」の風習が根づいていないからだと言われています。
 
 
 地域的には数え年の方が多いのですが、私の場合子供が嫌がってしまって結局満年齢になってしまいましたが、神社の方も特には何も言わなかったのでどっちでもいいって事でしょうね。笑
 
 

【お祝いの日はいつがいい?】

 
 
お祝いごとは吉とされる日に行うのが良いとされています。
 
吉日としてよく耳にするのは「大安」という言葉ですよね。
 
 
そもそもよく聞く「大安」や「先勝」などって何でしょうか?
 
 
調べて見ると
 
◼︎「大安(たいあん)」何事も成就しやすい吉、終日吉日、婚礼などお祝い事におすすめな日
 
◼︎「赤口(しゃっこう)」トラブルになりやすい日なので祝い事は避けたほうが良い日
 
◼︎「先勝(せんかち)」積極的に行動するのがおすすめな日、午前中が吉、午後2時から午後6時が凶
 
◼︎「友引(ともびき)」勝負をしても引き分けに終わりやすい日、朝晩が吉、昼が凶、幸せをおすそわけするという意味で結婚披露宴の引き出物を出すこともある
 
◼︎「先負(せんまけ)」何事も控えめに行動するが良い日、午前中は凶、午後から吉
 
◼︎「仏滅(ぶつめつ)」何事も成就し難い日、終日凶、婚礼など祝い事は避けることが多い
 
 
この様になっています。
 
 
吉日をまとめると
 
・大安…1日
・先勝…午前中
・友引…朝と晩
・先負…午後から
 
お仕事や予定の都合などで大安に行きたいけど行けない方や、大安は人が多いから別の日に行きたいとう方は上記の時間帯を参考にしてみて下さい。
 
 

2016年の「大安」「先勝」「友引」「先負」の日は?

 
「大安」
10/3(月)、10/9(日)、10/15(土)、10/21(金)、10/27(木)、11/1(火)、11/7(月)、11/13(日)11/19(土)、11/25(金)、11/29(火)
imageimage
 
 
「先勝」
10/5(水)、10/11(火)、10/17(月)、10/23(日)、10/29(土)、11/3(木)、11/9(水)、11/15(火)、11/21(月)、11/27(日)
imageimage
 
 
「友引」
10/6(木)、10/12(水)、10/18(火)、10/24(月)、10/30(日)、11/4(金)、11/10(木)、11/16(水)、11/22(火)、11/28(月)
imageimage
 
 
「先負」
10/1(土)、10/7(金)、10/13(木)、10/19(水)、10/25(火)、11/5(土)、11/11(金)、11/17(木)、11/23(水)
 imageimage
 
 
スポンサーリンク
 
 

 【まとめ】

 
私が「七五三」をやった当時、千歳飴は長くて食べにくいので好きではなかったのですが(笑)、今回色々と探ってみてそんな意味があったんだと再発見しました。
 
 
友人の家では「七五三」は写真を撮るだけにしようと言っていたのですが、厄払いも兼ねて神社に行くようにすすめようと思います。
 
 
皆さんはどんな「七五三」を過ごしますか?
 

 - イベント