SYUNWADA

日常の旬な話題を含め色々と紹介していくサイトです。

*

2017年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量や時期はいつ?予防方法とは

   

Pocket

スポンサーリンク

IMG_3230

年が明けて、春の訪れが近づくとともに気になるのが花粉症ですね。

その原因となるのは皆さんご存知のスギ・ヒノキの花粉。

今回は今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散状況について予測していきたいと思います。
 

【2017年の花粉症時期はいつ?飛散量も調べてみた】

 日本気象協会の長期予想によると、1月から2月にかけては全国的に気温は平年並みということです。

ただし西日本は1月に寒気の流入により気温が下がる傾向に

1月から2月の気温が高まるときは一般的に花粉の飛散時期は早まるといわれますが、今年はほぼ平年どおりになりそうですね。

 各地域別に飛散予想日を日本気象協会のホームページを参考に見てみると…

九州北部・中国西部・四国南部・東海南部:2月10日
九州南部・中国東部中央部・近畿南部・北陸・南関東・甲信:2月15日
東北南部・新潟県:2月20日
東北中央部:3月1日
東北北部:3月10日
北海道:3月15日

 スギ花粉は飛散開始といわれる前からわずかに花粉が飛んでいます。早く飛散が始まるところでは1月中から準備をしておくといいでしょう。

 また、スギ花粉の飛散から1週間ほどあとにヒノキの花粉も飛散し始めます。飛散量は例年より少なめで、ピークはなく平均的に飛散すると見られています。

 次に各地域の飛散量はというと

非常に多い(例年量の200%以上):九州・中国西部・四国南部・近畿地方
多い(例年量の100%~200%):中国東部・四国北部・甲信越
少ない(例年量の50%~90%):関東・東北・北海道 

 前年の夏、西日本は高温で雨の日が少なかったため、花芽が多くできあがり、花粉の飛散量が多くなる予報になっています。東日本は逆に飛散量は少ないようです。

スポンサーリンク

【花粉症の予防と対処方法は?】

IMG_3231 
飛散時期と量が分かったところで、今度は対策についてお話したいと思います。

 花粉は気温が高く、湿度が低い日に多く飛びます。

花粉が多く飛ぶ日はなるべく外出を避けルようにしましょう。

外出した際は花粉用のゴーグル・マスク・帽子で花粉の侵入を防ぐようにします。

さらに室内に入る際は、衣類等についた花粉をしっかりと叩き落として入るように心掛けましょう!

室内にいるときはこまめに掃除をして、清潔を保ち、窓の開け閉めも極力減らします。

鼻をかむこと・うがい・手洗いをこまめに行うのも花粉症予防となりますし、普段から睡眠を十分に取る・バランスのよい食事を心がけるといった生活習慣を心がけるようにしましょう。 
 

【まとめ】  

春先になると憂鬱になる花粉症。

様々な工夫でしっかりを対策を立てて乗り切っていきましょう。

特に飛散が多い地域の方は、いつもより念入りに対策を立てるようにしてください。

まだ発症していない人はしっかりと予防して暖かい春を迎えるようにしたいですね。

スポンサーリンク

 - 季節ネタ